理事長からのメッセージ

住民の皆様へ

2019/12/01

ごあいさつ

 

第 25 期(2019 年度)全体管理組合理事長を務めさせていただきます、和田と申します。

今期の管理組合理事は半数が 2 年目、半数が新任となります。ABC棟 7 人ずつ、合計27 人のメンバーで運営して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

 

私は最近まで管理組合の活動に無関心で理事を務める事など考えてもいませんでした。 一方、パークに20年以上住んでいて、なぜここの管理費は高くなって行くのか、管理費は どの様に使われているのか、管理組合理事会は何をどの様に決めているのか、事柄によって はやり過ぎではないか等、疑問をずっと抱いていました。皆さんの中にも同じ様な疑問をお 持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

20数年前に入居した居住民の多くが既に子育てを終えているでしょう。近年は若い 方々が入居され、居住者の年齢層が広範囲になったと思われます。ライフステージによって 居住者が抱える課題や管理組合に期待している事柄は多様です。皆さまからご意見を頂く と、費用と時間が許される限りその期待に応えようと管理組合は運営されています。ただ、若い世代の方々のご意見が少ない様に感じています。

近年は、自然災害、火災や交通事故を懸念し、子細に安全と安心を求める傾向があり、理事会が討議する事柄は増え対策費用も高まっています。規約・細則などのルールは少しずつ 改定・施行されていますが、ご理解頂けていますか。また、経年劣化に伴い共用施設や植栽 などの対策費用が高まっていますが、コストと質のバランスを配慮し、費用削減は注意して進める必要があります。

 

月一回のペースで開催される理事会は、先期から引き継いだ課題の対策を理事全員で討 議・採決します。皆さまから頂いた居住民共通の課題に関する新たなご意見も、その都度討 議し適切な解決策を探ります。

 

是非皆さん、管理組合の活動に目を向けて下さい。ご意見もお願いします。理事会活動の ダイジェストは管理組合ニュースとして掲示し、理事会の議事録は管理センターで閲覧出 来ます。パークシティ白岡のコミュニティ関連情報は年4回発行する「パークの風」でお知らせ致します。管理組合の活動が分かり易い様に一層工夫したいと考えています。

 

2019年度全体管理組合理事長 和田 正一