防犯カメラ設置検討委員会

2018/05/29

防犯カメラ設置検討委員会ついて

本委員会は、パークシティ白岡の防犯カメラの経年劣化に伴う防犯設備の更新を行うにあたり、住民の皆様のご意見をお聞きしシステムの具体的なイメージを固め、適切な設備投資予算を理事会へ進言する委員会です。

2017年度理事会および、2018年02月の委員募集への公募に応じた住民により構成されています。

 

委員会活動の大日程のページへ

情報発信のページへ

 

1.現在の防犯カメラシステムの問題点

 ・竣工当時から存在するカメラは、20年を越える使用により経年劣化が激しくここ数年で故障する可能性が高い。

 ・撮影映像の画質は、旧地上波テレビクラスで現在の解像度にくらべ性能が低い。

 ・設置場所や方式がバラバラで情報の活用は行いにくい。

 ・設置場所に偏りがあり防犯効果が敷地や建物に対して有効ではない。

現在のカメラ画像イメージ 次期カメラ性能 イメージ

 

 

 

 

 

2.改善に向けた考え方

 ・設置場所を改善し、住民が安心して暮らせる防犯効果の向上を目指す。

 ・画像データの収集や保管の方式を統一し、個別機器交換や将来に向けた増設に対応できる防犯インフラを構築する。

 ・住民の皆様のプライバシーに配慮して過剰な設備にならない様、配置箇所や撮影エリアを検討する。

 ・住民の皆様の意見を広く集め、十分な合意形成に必要な情報を極力公開する。

 ・完全に中立な立場で施工業者を選定し適切な設備投資計画を策定する。

 

3.任期

 ・設備予算確定後は、後続する「工事実施」の委員会へ任務と情報を継承する。

 ・予定任期は、2018/10の管理組合総会終了までとする。

 

今後は、適宜情報を公開してまいりますので、エントランス掲示板および本Webサイトページを参照してください。

また、ご意見ご要望については、クラブハウスに書面にてご提示いただくか、本Webサイトスタッフメールへお送りください。