パークシティ白岡フレンドリークラブ

 

2020年02月 白老連新春演芸の集い

 今年も希楽人(白老連)の新春演芸の集いにフレンドリークラブも参加致しました。

フレンドリークラブからはカラオケで長谷部武次さんが「二人の旅路」、田川一裕さんが「望郷山河」、鈴木清さんが「母のマフラー」を、来賓としてご参加されたFC会員の岡重夫県議も「いつでも夢を」を熱唱され会場より盛大な拍手を受けました。

白老連健康委員会委員の荒繁さんも前半の司会を担当され、FCメンバーが大活躍でした。

応援部隊も一緒に弁当を食べ、楽しい一日でした。


記事・写真提供  FC広報担当 大宮勝司